ライン

アワードについて

ライン

アワードとは自分が交信した成果が「アワード」として讃えられます


アマチュア無線では、「アワード」と呼ばれる交信記録の1つがあります。この「アワード」(Award / Diploma/Certificate等とも表す)という呼称には、業績を讃える“賞状”の意味と同時に証明書と言う意味合いが含まれておりますので、交信(QSO)の実績に対してだけでなく、受信(SWL)の実績に対しても発行されます。(受信の実績については一部に発行を拒否するもの有り) 

「アワード」発行者は国内外の個人・団体を問わず多伎に亘っており、求められる発行条件も多種多様なものが設定されております。この「アワード」の収集を楽しむためにグループを組織し、常に情報収集を行っている方々が国内外に多数おられるアマチュア無線の楽しみ方の一分野です。

JARLかながわでは「神奈川アルファベット賞」というアワードがあり、26文字のアルファベットを交信した無線局のコールサインから抽出し、並べることができるとアワードを交付してもらえます。(詳しい規約については「アワード規約」のページをご参照願います) また、神奈川県内でもアワードを発行している団体(クラブ等)があります。

是非、皆さんもアワード獲得を目指し、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

JARLかながわ発行「神奈川アルファベット賞」の規約はこちらをご確認ください。

ライン